入院案内

入院案内

入院について

担当医の診察によって、入院治療が必要と判断された場合に入院を決定します。
入院の手続きや必要となるもの、費用面などについてソーシャルワーカー(精神保健福祉士)から丁寧に説明させていただきます。
ご不明な点について、お気軽にご相談ください。

入院について

入院手続きに必要なもの

  • 印鑑
  • 健康保険証
  • 各種医療証等
  • 限度額認定証(該当される方)
  • 預かり金(5万円)

ご持参いただく日用品

  • 洗面用具一式(洗面器、歯磨きセット、石鹸、シャンプー・リンス、ブラシ類など)
  • フェイスタオル等
  • プラスチック製コップ
  • ティッシュペーパー
  • 寝間着
  • 普段着
  • 下着
     ・・・など

※ベルト、紐のついた靴や、ライター、ナイフ等の危険物は持ち込み禁止


面会時間

面会時間は、

  • 月~土曜日 14:00 ~ 19:00
  • 日曜日・祝日 9:00 ~ 19:00

となっています。

※上記時間外での面会希望の方は、各病棟へご連絡をお願いします。


入院食について

患者さんの要望を献立に反映するように配慮しながら、きちんと栄養管理がなされた食事療法を行なっています。

管理栄養士が献立をつくり
管理栄養士による栄養に配慮した献立作り
厨房で丁寧に調理
厨房で丁寧に調理
温かいものは温かく、冷たいものは冷たく。美味しい食事
温かいものは温かく、冷たいものは冷たく。
美味しい食事

病棟について

当院では、4つの入院病棟で
患者さんの病状に応じた治療を行っています。


入院費用について

入院費に関すること、各種制度の活用などでご不明な点など、お気軽にお尋ねください。


費用の目安

1か月の自己負担額の目安は、

入院費入院費食事負担金
間食・個室・オムツ等、
ほか必要な実費負担

です。

(1か月の自己負担の上限額は年齢や所得によって異なりますので入院費、食事負担金については下記リンク「高額療養費制度を利用される皆さまへ(厚生労働省)」をご覧ください。)

社会保険・国民健康保険・後期高齢者保健の自己負担は70歳未満は3割負担、70歳以上は1割~3割負担です。

※実際には検査・処置等の内容によって異なりますので、詳細につきましてはお問い合わせください。

※入院時初回には「入院時預かり金」として50,000円をお預りします(退院時に返金致します)。

1か月の自己負担額が一定額を超えた分が還付される「高額療養費制度」などの活用をできることがあります。
また事前に「限度額認定証」の交付を受けることで、毎月の支払額を上限にとどめることもできます。
ソーシャルワーカー(精神保健福祉士)にご相談ください。

当院が発行する「領収書」は、確定申告による医療費控除を受ける場合に必要となることがあります。大切に保管されてください。(再発行はできません)


特定療養費について(差額ベッド代)

1〜3病棟では2人部屋、菜の花の棟では個室もございます。
これらの使用を希望される場合、通常の場合との費用の差額は保険適用外となり、特定療養費(いわゆる差額ベッド代)が必要となります。
室数に限りがあるため、ご希望に添えない場合もあります。

特定療養費

実費負担について(保険適用外)

当院は、以下の事項について、その使用に応じた実費の負担をお願いしています。

実費負担

項目 内容 費用(税別) 備考
管理委託料 患者さん自身での出納管理等が困難な場合、病院が入院生活に必要な出納管理・日用品等の購入業務の代行 月額1,000円 月の途中は、日割計算
文書料 各種の診断書等の発行が必要な場合(以下は主な例)
入院証明書(診断書)生命保険関係(一般)
入院証明書(診断書)生命保険関係(記入箇所が少ない場合)
自立支援医療費支給申請用診断書
精神障害者保健福祉手帳用診断書(45条)
年金診断書(受給者現状届を含む)
5,000円
3,000円
2,000円
3,000円
5,000円
 
光熱費・生活雑費 オムツ代・散髪代・クリーニング代等 実費  

アクセス

西鉄電車をご利用の場合

西鉄天神大牟田線・甘木線
「宮の陣駅」から徒歩約3分

西鉄バスをご利用の場合

10番系統「久留米大橋」下車、
徒歩約5分

自動車でお越しの場合

来院者が利用できる駐車場を完備

ご案内