病院の役割と機能

宮の陣病院の理念、基本方針に従い、精神障害者が地域社会で健やかで安らぎのある暮らしを行えるようにしていくため、地域の精神科医療保健福祉に積極的に関わり下記のような役割を果たしていくことを実施及び目標としています。

精神疾患の急発・急変により、速やかな医療を必要とする者に対し、福岡県精神科救急医療システムに参加し、迅速かつ適切な医療及び保護を行っています。

救急医療システムへの参加

地域の医療連携として、病診連携や病病連携と共に、中核的医療機関との地域連携登録医、大学医学部の教育関連診療科として、連携を取りながら質の高い医療を提供しています。
また、臨床研修病院群の協力型臨床研修病院となっています。

他医療機関との連携

その人の持っている力を生かしていくために地域の利用可能な社会資源の情報を提供、紹介、活用の仕方を提示します。
 (地域社会の医療関係、介護保険施設、福祉関係機関、行政との連携)

社会の中で傷つき、疲労困憊した利用者を一時的にも、長期的にも温かく迎え入れ、休息、休業を得て再び社会へと送り出します。
 (障害者に合わせた治療、療養環境、治療プログラム)

コーデュネーターとしての役割

避難所的役割